赤ちゃんでも大丈夫?ウォーターサーバー 比較

浄水器の隠れた危険性

 

  浄水器、というものは、水を綺麗にしてくれる、と思いますよね。

 

ゴミを取り除いてくれる、と思えば、そうなのかもしれません。

 

最初は、私も疑問を持つこともありませんでした。。。

 

 

ですが、どこかお店に行って、浄水器のカートリッジの箱に書いてある取り扱い説明文を見てみてください。

 

 ” 養魚用には使用しないでください。”

 

と、書いてあります。

 

 

何故でしょうか?

 

 

 

メーカーの言い分は、塩素の除去が100%保障ではないので金魚が死んでしまうかもしれない、という理由でした。

 

 

金魚が死んでしまうような水を人間には飲ませても大丈夫、って考えるメーカーは、どう思います?。

 

 

もっともらしい言い方かもしれませんが、実は隠れている問題があります。

 

 

 

それは、浄水器、という機械の内部にある、フィルターに使われている材料に疑問がある訳です。

 

 

浄水器のメーカーとしては、取り付け後に汚い水が出ては困りますので、雑菌が繁殖しないようには工夫をしているわけです。その抗菌効果を保つ為に何をしていると思います?

 

 

最近、消臭スプレーなどでも商品が出てきましたが、安全性について疑問を感じないのでしょうか?

 

 

 

それは、銀(Ag)を使用しているんです。

 

 

 

抗菌作用の高い、銀(Ag)を使用する事により、雑菌が繁殖しないようにしている訳です。

 

 

浄水器は、ゴミや不純物を取り除いてくれる変わりに、その銀(Ag)が溶け出してくるんです。

 

カートリッジの色が変わったら交換時期です。っていうのもありましたよね。

 

 

果たして安全と言い切れますか?

 

 

いったん身体に入った銀は中毒の危険が高く、排出されずらいと聞きます。

 

 

浄水器も水道水と同じで基準があると思いますので、健康な人が飲用する分には問題が少ないでしょう。

 

でも、病気の時は?

 

そして、赤ちゃんに大丈夫?

 

 

 

大腸菌を取るか、銀を取るか。

 

 

究極の選択になっていませんか???

 

 

⇒⇒⇒

関連ページ

水を買う、ウォーターサーバーは必要?
水を買う、ウォーターサーバーは必要?
水道水の危険性について
水道水は安全なの?の、疑問に お答えします。